ファイナンシング

売掛債権を対象として行われる金融取引という点で、ファンタリングと似ていると考えられるものに「アカウンツ・レシーバブル・ファイナンシング」と呼ばれる取引があるようです。これは、現在のファンタリングと同時期に開発されたものと言われており、企業が金融会社に対し、売掛債権を担保として譲渡し、その額に相当する貸し付けを受けると言ったものと言われています。売掛債権を一時的に担保として引き渡すことにより、継続的かつ回転の良い金融供与を実現すると言った点は、ファクタリングと同じように感じられるでしょう。しかし、この場合、売掛債権は償還請求権なく買い取られるということではなく、消費賃借は純粋に行われることから、借主は返済義務を負い続けているといった点がファクタリングと違う点と言えるでしょう。また、債権の譲渡の際の通知を行わないことと、借主自身の責任で債権の取り立てをし、その金額を引き渡すことが原則として決められているようです。これは、書籍の販売といった分野から発展した金融方法と言われており、開発当時はファンタリングと同様、債権の譲渡通知をしていたそうだが、クライアントが極端に嫌がったため、現在の方法に落ち着いたようです。危険を承知の上で取引されていたファイナンシングですが、統一商法典が普及した現在では、法的に貸主が守られるため、ファクタリングと同じように一般的にも広がりを見せつつある金融であると言えるでしょう。