ファクタリングの発展

ファクタリングというのは、米国での繊維産業を中心として成長してきたものと言えますが、ある時期を境に、家具や化学製品、家電やスポーツ用品といった分野での広がりも見られるようになったようです。その背景には、主な銀行がファクタリング進出をし始めたことや、ファクターの海外進出、国際的なファンタリングの発展という3つの要素が見られるようです。しかし、銀行でのファクタリング進出は、銀行業務として適切かどうかということや、実業界の需要があるのかどうかといった点において、疑問を抱えていたようです。しかし、国法銀行によるファンタリングを通過監査官が認めたことにより、適切であると判断されたようです。また、需要については雑誌の調査などにより解消し、多くの銀行がファクタリング進出をはたしたと言われているようです。そのほとんどの銀行は、既存ファクターを買収することになったようですが、ごく稀に買収ではなく業務提携をするといった銀行もあったようです。このような時代背景を経て、ファクタリングはヨーロッパにまで進出し、それぞれの国で合弁会社を設立したと言われています。発展を続けるファンタリングですが、輸入の面から見ると、各ファクターにおける取扱い高というのはまだまだ少ないというのが現状のようです。