償還請求権の有無

全世界において実際に行われているファクタリングは、様々な要素の組み合わせで分類されて執り行われているといえるでしょう。まずひとつの観点として「償還請求権があるかないか」が挙げられるでしょう。この償還請求権がないという取引の場合、カスタマーからの支払いがないという危険性をファクターが負担するといった条件のもと、債権を買い取るという方法で、カスタマーが支払いをしない場合にも、クライアントは償還義務を負うことはないといった取引方法と言えるでしょう。つまり、前払いを受けている場合には返還義務は発生せず、前払いを受けていない場合は、債権の期日に代金を支払ってもらう権利があり、一方クライアントは担保責任を負わなければならないと言えるでしょう。この方法は、償還請求権を放棄して債権を買い取るため、ファクターにとっては危険が大きいと言えるでしょう。そのため、危険を回避するための策の徹底が必要であるといえるでしょう。カスタマーの信用調査というのは必要不可欠といえるでしょう。ある国では、ファクタリング契約をする場合、クライアントにその取引先リストを提出してもらい、それぞれの取引先ごとに限度額を決め、その範囲内で債権を買い取るといった対策がなされているようです。新規のカスタマーの場合には、信用調査を徹底し、限度額を設定することから始める必要があるでしょう。