西ドイツでのファンタリング

西ドイツにおける最初のファンタリングは、信用銀行と、ある産業会社との間で執り行われたと言われています。これは、アメリカのファクター進出とは関連がないと言われており、西ドイツの銀行が初めてオリジナルで取り交わした方法であると言えるでしょう。この方法というのは、栗円との売掛債権を黙示方式という方法で買い取り、債権額のほとんどを前払いしたと言われています。債務者帳簿を作成し、クリエント名義で請求書や督促状を作成したが、信用危険については引き受けなかったそうです。こういった取引に始まり、その後、この銀行はボストン銀行と提携した後、国際的な取引を扱うようになり、そののちにファクタリングの専門会社を新設し、業務を移行したと言われています。アメリカの有名なファンタリング会社が西ドイツに参入してきたのはこののちのことであり、それを契機として続々とファクタリング会社が表れるようになったようです。発展当時は、業務内容が銀行業務にあたるため、ファクターに必要な資格として「銀行資格」があったようですが、現在では非銀行系ファクターは銀行資格を必要としなくなったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です